鎖肛術後の排尿障害 - くり
2018/11/28 (Wed) 12:32:03
肛門形成術を2ヵ月前にした男の子の母です。術後排尿障害が残り、今は導尿の管をつけたまま自宅に帰っています。手術でおしっこの神経を触ったためで、そのうち良くなるとは言われたのですが、おしっこも汚くて今は抗生剤を飲んでいます。排尿障害が残ることはあるんでしょうか?とても心配です。排尿障害が残った方、しばらく導尿された方おられませんか?
Re: 鎖肛術後の排尿障害 - ちろ
E-mail 2018/12/04 (Tue) 00:35:02
くり さん

はじめまして。
私が肛門形成術を受けたのは今から半世紀以上前なので、どういう状態だったのかまるでわかりません。
ただ、小学生くらいの頃、母親が「排尿に障害が残るかもしれないと先生に言われた」と語ってくれたのを覚えています。実際、時々尿漏れを起こしていたので、母はそう語ったのだと思います。

私の場合、抜本的な治療や対策は打てないまま育ちました。今も多少の尿漏れがありますが、生活に支障はありません。現代では漏れ対策用の薄型パッドなどありますし、心配することはないと思いますよ。
お子さんの成長に合わせてよく観察し、主治医の先生に相談して抜本的治療ができるようならお願いすればいいし、無理なら生活に支障がないよう対処していけばよいと思います。ただ、お子さんは男の子ですので、ご主人のサポートが大切でしょうね。

私の場合、尿漏れより射精障害の方が気になりました。
少々性的な内容になりますが他意はありません。同じような悩みを持つ方のため、参考にしていただければと思います。

肛門形成術の後遺症として射精に障害が残った場合の多くは、逆行性射精障害のようですが、この病名についてネットで調べてみましたところ、私とはちょっと違うようです。

初めて自慰行為に及んだのは中学生でした。この時、絶頂感はあっても射精はありませんでした。精通が未了なのだろうと気にしていなかったところ、しばらくしてあることに気づきました。
絶頂感が過ぎ、勃起状態が萎えしばらく(数分程度です)経過してから、精液がダラダラと出てくるのです。

初めてのセックスにて、相手の女性から「ホントにイッたの?」と訊かれたので、自分の体について正直に話したことをはっきりと覚えています。

逆光性射精障害は、精液が逆流して膀胱に入り尿とともに排泄されるようですが、私の場合そうではありません。明らかに尿とは別に出てきます。

状態は今もそう変わっていません。
ただ、成人になってから、絶頂感に達する瞬間肛門に力を入れ括約筋をかなりきつくキュッと締めることで、絶頂感と共に精液が排出されることに気づきました。
これを意識することで生殖機能を維持できるとわかりました。

このことについては恥ずかしい気持ちがあり、誰にも言えずにいました。ですから、自力で対症療法を見つけたことになります。
おかげで、無事子宝に恵まれました。

ただ、括約筋を締めなければ、絶頂感と共に精液が排出されることはありません。やはり勃起が萎えしばらく経ってから、ダラダラと出てきます。

以上、参考になれば幸いです。
Re: Re: 鎖肛術後の排尿障害 - くり
2018/12/08 (Sat) 00:48:33
返信ありがとうございます。少し尿漏れがあるとのことですが、日常生活に支障ない程度ということで少し安心しました。神経が少しでも戻ってくれたらと願うばかりです。主治医とも相談しつつ息子が元気に生活できるようにサポートしようと思っています。
まだ息子が小さいのであまり考えていませんでしたが、思春期になって悩むようなことのないように、主人と相談しつつやっていきたいと思います。貴重なご意見ありがとうございます。
Re: 鎖肛術後の排尿障害 - ちろ
E-mail 2018/12/12 (Wed) 23:06:35
くりさん

こんばんは。お返事ありがとうございます。

私から1つだけお願いがあります。くりさんに留まらず、他の皆さんに対するお願いでもあるのですが。

オシッコやウンチを漏らしたからといって、どうか叱らないでください。
わざとそうしているわけではないのだ、ということを理解してあげてください。

親御さん(特に母親)は自分の力でどうにかしてあげたいと思いつつも、代わってあげることなどできないし具体的な援助をしてあげることすらできないというジレンマに悩まされることかと思いますが、当人であるお子さんはもっとつらいはずです。

叱ってよくなるものではありません。自分でどうすればよいのかわからないというのに、その上叱られれば「自分なんていない方が!」という方向に気持ちが傾きかねません。

どうか叱らないでやってください。切にお願い致します。 草々
  1. (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
  2.